You are here: Home > >

猫伝染性疾患の種類(猫白血病、猫風邪・猫エイズ)動物病院で正しい管理を

大切な私の猫の健康と長寿のためには、猫が主にかかる病気には何があるのか、その症状はどんなものかをあらかじめ知っておくことが重要です。 また、そのような症状が出た時に診てもらえる信頼できる動物病院を作っておくことも需要です。 新座市近郊のあさか台動物病院は専門外来


猫がよくかかる病気とそれに対する予防法はどのようなものでしょうか?

猫の伝染性疾患、いくつかの思い当たる症状はありますか?

日本の保険会社の統計を見ると、1年未満の猫死亡40%は感染症によるものです。
猫に感染症は、最も多く一般的死亡率が高い危険な病気です。

猫伝染性疾患の症状

●鼻水、くしゃみ、口内炎、口臭、唾液を流す

●目が赤く目やにがひどく付いている。

●嘔吐をしたり、熱があり、下痢をする

●食欲を失い、体重が減る

●動きがなく、ずっと寝ようとする

これらの感染症を引き起こす感染経路は様々あります。
トイレのような不衛生な場所による空気で伝染したり、戦って生じた傷のからバイキンが入り感染することがあります。
赤ちゃんの時かかった感染症は、感染した母親によって遺伝したり、集団飼育によって感染された状態で家庭に養子縁組されたりすることが原因です。
猫の伝染性疾患、いくつかの病気の兆候はありますか?

感染症は、ウイルスなどの病原体に感染してい症状が起こるのです。
病気の種類も非常に多様であります。

《ホピス感染症、クラミジア感染症 》

「猫風邪」と呼ばれるこの病気は、主に顔面を含む上気道感染を起こし、結膜炎、口内炎、気管支炎、鼻水、咳を引き起こします。
それほど致命的ではないが、一度かかると2週間から1ヶ月程度の治療を要し、早期に治療しないと後遺症が現れます。
予防接種である程度予防が可能です。

《猫免疫不全性ウイルス感染症》

よく「猫エイズ」と呼ばれるこの疾患は、発熱と下痢などの初期症状が頻繁に見られ、しばらく何も症状が現れません。
また、一度かかると生涯に渡って治療ではなく、症状の抑制と緩和に焦点を合わせて治療します。
うまく、管理すれば、5年以上生存が可能です。
主に他の病気による合併症で命を失うことになる。
予防ワクチンで予防が可能であり、動物病院の獣医師が管理だけよくすれば、非常に長い間、健康に生きることが可能な病気で人には広がっていません。

《猫白血病ウイルス感染症》

お互いに舐めたり、戦ったり、あるいはトイレを共有していることで起こる可能性があるこの病気は、発熱、貧血のような目立たない軽微な疾患を繰り返します。
その後数ヶ月、あるいは数年の潜伏期間を経て、最終的には、体の免疫を落とし、多くの病気に感染し死に至る病気です。
一度発症すると有効な治療法はありませんが、獣医師との指示の下、管理をよくすれば何年も生存が可能です。
また、予防ワクチン予防が十分に可能です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans